デリヘルのドライバーともなれば少しくらい車に詳しいほうがいいと思い始めたので勘違いしがちな間違えた知識を捨てました。

デリヘルドライバーとカーパーツの常識

車の常識

デリヘル送迎車の保険を選ぶ基準は?

投稿日:2015年11月9日 更新日:

デリヘルの送迎車には保険に入りましょうw

Insurance

デリヘルの送迎車かどうかは置いておき、車の対人対物保険に加入していない運転手は3割もいるそうです。

道路は自分だけが運転している訳ではなく、どんなに腕に自信があっても他の車に巻き込まれたり、飛び出してくる自転車や歩行者はあります。
子供が飛び出してきて万が一死亡させた段階で保険に入っていない方の人生はそれで全てが終了です。
デリヘルだから営業車だからと特別扱いなどしてくれるはずもありません。

確かに車の保険は決して安価ではありません。最近ではインターネットの普及に伴いネット申込みで外資系を中心に『○○○円割引』、『自動車保険は走ったぶぅ~んだけ』など、安価に加入できる保険と、保険の代理店を通すなどどういう基準で貴方は自動車保険を選びますか?

実は万が一の事故の時、保険会社によって大きく貴方の立場も内容もかわるのです。
例えば農○さんの自動車保険に入ると、ある意味終了ですw
農○さんの担当者は、その部門に配属された人です。それに比べ一例として東京海○さんの担当者は、自動車事故のエキスパートとして最初から事故専門のプロになるべく入社してきています。
車同士の接触事故を起こしたとき、互いに相手が悪いと認識した時、保険屋さん同士の話し合いにもなります。
この場合、確実に東京海○さんが断然有利で勝つ可能性が実際に高いのですw

車両保険には大きく分けて、車同士がぶつかった場合に保険が降りる車対車保険と、保険料金も高額になりますが何にぶつかっても保険が降りる車両保険とあります。

ここで問題です。
貴方は車対車保険に入っていました。運転中、反対車線の車がふらついてきて貴方は避ける為にガードレールに擦ってしまい、衝撃でハンドルをきって他の車と衝突してしまいました。
車対車保険で自分の車を修理すべく車両保険は払われるのでしょうか?

答えは『払われません』

車対車保険に入っていたですから、車同士の衝突で車両保険は出ると思いがちなのですが、払われません。
理由は『一番初めに車と車が衝突したら、はじめて車両保険が認められる』からです。
最初にガードレールに擦ってます、だから本当に払われないんですよ。(マジ

日本の大きな保険会社で ○いおい生命とか東京海○さんの代理店さんが味方についているとあらゆる状況で手を差し伸べてくれます。
この理由も簡単です、代理店はお客様がつくことで稼いでいます。代理店が契約している保険会社がいくら支払いをしても代理店は全く痛くないんです。だからお客様の味方になるんですw
外資系の代理店は金稼ぎ目的で法律にも弱いですが、ちゃんとした日本の代理店は研修もしっかりしており安心なんです。安かろう悪かろうは事故を起こしてから初めて知る事になるのですw
デリヘルで確実にカワイイ子と遊べる成田のお店♪

-車の常識

Copyright© デリヘルドライバーとカーパーツの常識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.