デリヘルのドライバーともなれば少しくらい車に詳しいほうがいいと思い始めたので勘違いしがちな間違えた知識を捨てました。

デリヘルドライバーとカーパーツの常識

中古車の常識

デリヘルも車も思い入れが強ければ強いほどお金がかかる

投稿日:2015年11月9日 更新日:

古すぎる車は公道をぶいぶい走れるはずもなく

古すぎる車は公道をぶいぶい走れるはずもなく

職業柄、普通のサラリーマンよりは車の走行距離のノビは大きく、車を買い換えるタイミングも人よりは早いと思っているのですがさすがに毎度新車は買えません。われわれのようなデリヘル店も中古車には大変お世話になっているのです。
車は基本的に年式と共に価格が下がります、工業製品だけに足廻りやエンジンを支えるブッシュなど劣化しやすいゴム素材などが多数使われているのもその理由です。

当時は高くて購入できず欲しかった車も一部のプレミア車種を除き、年式と共に価格が下がる事からも憧れだった車を購入したいと思う方も多いのではないでしょうか。
数十年前の骨董品級のプレミアがつく人気車は、数ヶ月ともの凄い予算をかけてレストアして大事に乗っている方もいますがそれは極わずかの時間とお金に余裕のある方だけしか行えません。

低予算で燃費を気にする方が多いから軽自動車はどんなに走行距離が行っても多少の外装や内装に問題があっても実走行に支障がなければと購入される方も意外と多い事から、軽自動車は値下がりしません。
また、メーカーも軽自動車人気に合わせて200万円以上の軽自動車まで発売されてきます。

それだけに低予算の方は普通車のが安価に購入する事を考慮してきます。
その普通車の中に年式は多少古くても昔は憧れた車が予算範囲で見つかるとそれを購入される方がいるのですが、各部の劣化状況を知らないと状況によっては予想していない修理費がかさむ事が多くなり、結果として高い買い物になる方が多いのです。
ドアの鍵が壊れた、雨漏りがする、実は全塗装された車だったなど、安い車には安いだけの理由があり、それを理解して購入しないと後悔しますので、知識が無ければ知識のある方にご相談する事をおすすめします。

思い入れが強ければそれはデリヘル嬢にも同じ事が言えるのではないでしょうか。個人的には良い思い出がデリヘルにあるんですが、その話はまたの機会としましょうか…(遠い目w

-中古車の常識

Copyright© デリヘルドライバーとカーパーツの常識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.