デリヘルのドライバーともなれば少しくらい車に詳しいほうがいいと思い始めたので勘違いしがちな間違えた知識を捨てました。

デリヘルドライバーとカーパーツの常識

中古車の常識

デリヘルの送迎車に中古車を選ぶ時は事故車を避ける

投稿日:2015年11月9日 更新日:

とりあえず車に乗りたいというデリヘル嬢の子たちは多いです。そうは言ってもコンビニでの買い物と同じようにはいかないですよね。たとえデリヘルの送迎車が中古車といえど金額の大きな買い物なだけに、中古車選びで誰もが避けたいのは事故車だが、一般的に大きな勘違いが『修復暦あり』だけが事故車だと思っている方は多いのではないでしょうか?w

デリヘルの送迎車に中古車を選ぶ時は事故車を避ける

修復暦がつく基準はなんでしょうか?
ボンネットや前後のバンパーを交換してもライトが交換されてもドアが交換されても修復暦はつきません!
では、修復暦がつくのはどの程度の破損状態なのでしょうか?
重大な修復箇所としてボディーフレームが歪んだ場合などです、例えば正面から電柱に激突!エンジンを支えるフレームが若干歪んだとします、でもエンジンは一部のパーツ交換、歪んだフレームも交換または叩いて真っ直ぐにすいるなどで意外と安価に綺麗な状態に直せる車は結構多いのです。
いくら可愛くて綺麗なデリヘル嬢でも中身(性格)に問題があるとやはりお客がつかなくなるということとつながるように思いますね。デリヘル嬢の外見はいくらでも綺麗にする事ができるのですからw

一般的にバンパーを安く交換するのは、中古の多少傷があっても色が違っても板金屋さんは問題としません。
新品で色が同じのを入手しても、その車が新車でない限り色褪せているので新品をそのまま取り付けると色が大きく違ってしまうのです。そこで板金屋さんの腕となる色あわせをして違和感なく色あせたその車の色にぴったりと同じ色に塗ってしまうので、中古部品でキズやヘコミを治して色あわせしてしまうので、中古も新品も仕上がりに関係なくなってしまうのが現状です。

修復暦がないから事故車じゃないと思うのは間違いだと理解して頂いたでしょうか。
中古車はそれなりの知識を持っている信用できる方に見ていただくか信用できるルートから購入しないと大きな問題になってしまうので注意が必要ですね。
信用度を重視するとデリヘルで良い女性を的確に案内してくることと一緒ですね。

-中古車の常識

Copyright© デリヘルドライバーとカーパーツの常識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.