デリヘルのドライバーともなれば少しくらい車に詳しいほうがいいと思い始めたので勘違いしがちな間違えた知識を捨てました。

デリヘルドライバーとカーパーツの常識

車のパーツの常識

デリヘルとホイールは見た目が重要!?

投稿日:2015年11月9日 更新日:

相当数が出回っていますよね

相当数が出回っていますよね

デリヘルで女の子を選ぶときのように見た目重視か性能重視かでアルミホイールの選択肢は大きく変わってくる。
基本的にアルミホイールは軽い方が車の運動性能に大きく貢献し良いとされている、バネ下の重さを軽減すれば車の重量とどう影響するかというと、アルミホイールにより1本で2.5kgの重量差があるとすしよう、4本で10kgの軽減になるが、単純な10kgではない!
この辺りはデリヘル嬢で10kgの差といったら身長差を含めても単純なものではないのと一緒ですね。

一般的なスーパーで一番の重量があるのは米袋の一番大きなものが10kgだ。この米袋4袋(40kg)を車に乗せて走るとかなり走りに影響がでるのは誰でも想像つくのではないか?
バネ下の10kgの軽減は、車体重量の40kgの軽減と同じ効果といわれているからだ。
こういう事からアルミホイールの軽量化はそれだけ重要だという認識でいれば間違いないだろう。

見た目が良いのはホイールサイズを大きくする事だ、しかし、アルミホイールのサイズが大きければ大きいほど当然重量が増す。では、極論でアルミホイールが小さければ小さいほど軽くなる方がよいかといえば、飛ばす車ではタイヤが厚過ぎてブヨブヨ感でコーナーが怖いw
タイヤの厚みは薄すぎれば(扁平率30とか)乗り心地は非常に悪くゴツゴツしてくるし、厚過ぎれば(扁平率45とか)だと、飛ばす車ではコーナーで違和感を覚えてしまう。
デリヘルの送迎車のようにゆっくり走る方や乗り心地を重視したいなら扁平率は40~45程度で、走りに徹する方なら扁平率35~40程度で考えれば良いのではないだろうか。

同じサイズのアルミホイールでもデザインや素材によって重量がかなり異なってくる。
見た目重視で好きなデザインで大きなアルミホイール、超扁平率のうすいタイヤをつけている方は十分理解して載っているが、何も知らずにアメ車なんかで超大型ホイールで超扁平率だと高速道路で100kも出したら確実にパンクしてしまう現実も理解して選ぼうw
見た目重視で価格を気にしないならデリヘルは格別にいい女がいますね。

-車のパーツの常識

Copyright© デリヘルドライバーとカーパーツの常識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.